11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#2 番外通行 続き

続きからになります。
なんか保守続いてて胸がDOKI☆DOKIなんだけど!?

みんなありがとう
そして遅れてごめんなさい



垣根「美味そうじゃねぇか」

佐天「美味しそうですねー!」

一方「」

初春「ダメですよ、ほら手を洗って」

美琴「初春さん、お母さんみたいね」

初春「御坂さんまでー」

小萌「ちゃんと手を洗わないとバイキンが繁殖するんですよー?」

一方「」

黄泉川「さっきから一方通行何ボーとしてるじゃん?」

一方「もう何も言えねェ、いつの間にかパーティひらいてやがる」

打ち止め「えへへ、ミサカのおかげかも?ってミサカはミサカは自慢してみる」

一方「オマエのせいか」

打ち止め「お・か・げ!ってミサカはミサカは念を押してみたり!」

番外「賑やかのほうが楽しいってミサカは思うな」

一方「オマエ『ら』のせいか」

美琴「白いの、ほらさっさと皿用意しなさいよ」

一方「あァ?」

佐天「ふっふーお姉さんのペアの方なんで詳しくは問い詰めません…でも、このケーキだけは譲りませんよー!」

一方「」

初春「佐天さん食い意地はらないでくださいー」

番外「いっぱいあるから、焦らなくてもいいよ」

一方「コーヒー買いに行ってもいいか」

打ち止め「はい!ミサカはあなたがそう言うと思って買ってきたよ!ってミサカはミサカはさし出してみたり!」

垣根「あ、初春フォーク取って」

初春「はいは~い♪」

一方「あれ、なンでこいつら仲いいの。これは夢なンですかァァァァアアアア」

番外「現実見ろよ」

垣根「初春は優しいなぁ」

初春「そ、そんな事無いですよ…?」

垣根「こいつめ、こいつめ。もふもふ」

一方「あtgwhぎえがえぃjg」

美琴「うっさいわねぇ」

芳川「あら、美味しそうね」

黄泉川「あ、桔梗の分忘れてたじゃん」

芳川「」



打ち止め「せーの!」

みんな「いただきます!」

一方「はいはい、いただきますゥ」

佐天「んー!美味しい!!」

美琴「本当、流石私の妹!」

打ち止め「でしょでしょ!ってミサカはミサカは胸をどーんとはってみたり!」

番外「はる胸無いでしょ、ギャハハ」

打ち止め「むーむー!!番外個体はおっぱいが大きいからってー!ってミサカはミサカは憤慨してみる!」

番外「(・´з`・)」

美琴「仲が良くてよろしい」


初春「いちごは最後~♪」

垣根「なんだいちごキライなのか、食ってや……」

初春「食べたら[ピーーーー]しますね」

垣根「」


一方「悪くねェな」

番外「本当?」

一方「この環境以外は」

番外「あなたはワイワイしているのとかキライなのかな?」

一方「好きではねェよ」

番外「キライでも無いんだ」

一方「……、」

番外「キャハハ、可愛い所あるんだね」

一方「あァ?」

番外「いやーミサカ最近母性本能っていうの?に目覚めたかもしれないね☆」

一方「」

番外「美味しいって良い言葉だよね。美しい味。作ったほうからすると最高の言葉だよ、ミサカ嬉しいな」

一方「そォかよ」

番外「料理も、出来るようになりたいかも」

美琴「あらー?(ニヤニヤ)嫁修行?」

番外「嫁修行?」

一方「オマエは黙ってろ」

美琴「あら、私が介入したら二人の空間ぶち壊すって言いたい訳?」

一方「」

番外「ミサカは良いけどね、お姉さまとはもっとお話したいし☆(・´з`・)」

美琴「言ってる事は嬉しいけど、表情がなぁ」

番外「アハ☆」



みんな「ごちそーさまでした」

黄泉川「桔梗?残り物あるけど」

芳川「いらないわよ……」

佐天「洗い物手伝いまーす」

初春「私もやります!」



番外「お姉さま、そういえばあのツインテールの子は来てないんだね」

美琴「黒子の事?ああ、あの子は風紀委員の仕事があってこれないのよ」

番外「そうなんだ」

美琴「あんた普段は何やってんの?」

番外「普段?調節行ったりー、散歩したり、今日みたいに新しい事に挑戦してみたりかな」

美琴「へぇー…なんか羨ましいわ」

番外「? ミサカは学校へ行ってるお姉さまのほうが羨ましいよ」

美琴「それは無い物ねだりって奴よねぇ」

番外「学校って楽しそう」

美琴「アンタが言うと、ちょっと笑っちゃうわね」

番外「変かな?」

美琴「ううん、全然。むしろ自然なくらいよ。学校、行けないのかしら?」

番外「一方通行には無理って言われたね。調節もあるし、何より……クローンだし」

美琴「でも、他の妹達は行ってるって言ってたわね。ちゃんと学園都市の住民票も取ったらしいし。極秘だけど」

番外「住民票もとったんだ、それは凄い」

美琴「あーほら、今日ちっちゃい先生居たじゃない?あの人が教えてるんだって」

番外「あの人先生だって事自体、ミサカは驚いてるよ」

美琴「あんたじゃなくても驚くわよ」

番外「そうだよね」

美琴「……よし、じゃあ美琴お姉ちゃんはあの先生に交渉してみましょう」

番外「え?」

美琴「妹達って一気に授業受けているのよ。その時はミサカネットワークの回線は基本的に緊急時以外は斬る。それで、個人の学習能力を身につけて勉強量によって個人差が出るか確かめているそうなのよね。科学者の実験、と言えば聞こえが悪くなるけど、あの子達が自分からやりたいって言ったから、私は止めなかったわ」

番外「なるほど」

美琴「だから、あんたも出来るわよ。同じ…妹なんだしさ」

番外「……そうかな」

美琴「え?」

番外「ミサカは身体だって大きいし、第三次製造計画で製造されたんだし」

美琴「そんな事かん……はダメね。アナタはそう思ってるかもしれないけどさ、少なくとも私

は同じだと思ってるな。私のクローンな訳だし?」

番外「……、」

美琴「あちゃー……また私傷つけちゃったかな」

番外「大丈夫、ミサカは大丈夫だよ」

美琴「ごめんね、頼りない姉で。こういう時なんて言えばいいのか分からなくて」

番外「お姉さまらしいね」

美琴「どういう意味よ」

番外「ありがとう、お姉さま」

美琴「!?……あ、当たり前の事しただけよ!姉として!」

番外「でも、ミサカはお姉さまの助けはいらないよ」

美琴「そ、そう?」

番外「ミサカから、あの先生に言ってみる」

美琴「あ、そういう事?じゃあ応援するわ。頑張って」

番外「うん」



小萌「ふんふふんふ~ん♪おっかたずけーなのですよー」

番外「あの」

小萌「あ、でっかい第三位さんなのですねー?」

番外「あ、あれ?先生ってどこまで知ってるのかな?」

小萌「例の計画については詳しくは知らないんですけど、具体的には知ってるのです」

番外「ふむふむ、じゃあミサカのことは?」

小萌「知りませんけど、大体予測がつきますよ?」

番外「…先生はミサカ達の事どう見ているのかな」

小萌「あなた達の事ですか?というと、あの妹達ちゃんの事もですね?」

番外「うん」

小萌「生徒として見ているのです」

番外「生徒?」

小萌「先生は先生、妹達ちゃんは生徒。先生は生徒に正しい道を歩ませないといけないという義務があるのです。だから、先生は間違えている道を選んだ生徒を見つけたら、正しい道へと誘導しないといけないのですよ」

番外「ふむふむ」

小萌「それは、ずばり!愛が無いと出来ないのですよ」

番外「愛……」

小萌「ここ、笑う所なのですよー!?」

番外「あ、え、あはは」

小萌「わざとらしいです、私からすればアナタも生徒なのですよ?」

番外「ミサカも?」

小萌「こうして、一緒に会話をしている時点で先生はもうアナタを生徒として認めないといけないのです。こうして会話をするって事は教えている事、つまり先生になっているって事なのですよ」

番外「会話も……教える」

小萌「はい♪」

番外「ミサカも……生徒でいいんだね?」

小萌「誰だって生徒になれます、なれない人は居ません。先生だって、時には生徒になる時だってあります。人はそうやって成長していくのですよ?」

番外「先生は凄いね」

小萌「えへへ、これが先生の生きる道なのです」

番外「先生にお願いがあるんだけど」

小萌「どーんと言ってください!」



番外「ということなんだけど」

小萌「もっと早く言ってもよかったくらいなのです!妹達ちゃんが一人増えようが二人増えようが一万人増えようがそれはかわりない事なのですよ!」

番外「それは凄い」

小萌「明後日から、来ますか?」

番外「そうするよ、ミサカは脳みそはまだ中学生レベルだから。高校には入れないからね」

小萌「了解なのです!これから、ビシバシお勉強しましょう!」

番外「よろしくお願いします」ペコッ



一方「何話してたンだ、あの未確認生物と」

番外「それは酷い言い方じゃないかな?ミサカもね、学校行く事になったよ」

一方「あァ?」

番外「どうやら妹達は学校へ行っているみたいだね、一応実験って事らしいけど、自分たちからやりたいって言ったらしいから」

一方「………芳川ぁ!」

芳川「はいはい」

一方「どォいう事だ」

芳川「その子が言った通りだけど?」

一方「………、」

芳川「あなたがとやかく言う権利は無いと思うけど?」

一方「まァ……そォだな」

番外「だから、ミサカも明後日から通うことにする」

一方「そォか、よかったな」

番外「あれあれ?もしかして、ミサカが家に居なくて一方通行は寂しいのかな?ギャハハハ」

一方「」



美琴「上手く行ったみたいね」

番外「お姉さまが居なかったら、先生に言う事もなかったよ」

美琴「あんな事でいいなら、よかったわ」

番外「うん、ありがとう」

美琴「いえいえ、姉らしく出来たのならよかったよかった。なんだか、年上の姉ってのもおかしな話しだけどね」

番外「キャハハ」

佐天「お話中ですか?」

美琴「あ、大丈夫よ?」

佐天「そろそろ帰らないと、門限やばくないですかー?」

美琴「あれ!?もうこんな時間!?」

垣根「初春ーツイスターゲームやろうぜー」

初春「もう私帰るんですけどー」

垣根「初春の家行く」

初春「訴えますよ!?」

垣根「うっせうっせ」

佐天「ほら、イチャつかない!垣根さんも無理強いしない!」

一方「………、」



美琴「今日はありがとね、呼んでくれて」

番外「礼には及ばないよ」

打ち止め「ミサカはね!お姉さまと久々にお喋り出来て楽しかったよ!ってミサカはミサカは感想を述べてみたり!」

佐天「打ち止めちゃん!今度キャッチボールしようね!」

打ち止め「うん!涙子は遊んでくれる優しいお姉ちゃんだからミサカ好きー!ってミサカはミサカは告白してみる!」

佐天「あちゃー告白されちゃったなぁーこんな可愛い子に」

番外「またねByeBye」

佐天「あ!お姉さんも、絶対ぜーったい買い物行きましょうね!またメールします!」

番外「うん、待ってるよ」

垣根「さ、初春二軒目行くぞ」

初春「[ピーーーー]しますよ!?」

垣根「すみませんでした」

佐天「あはは、すっかり彼氏彼女みたいになってるね?初春」

初春「ご、ご、ご誤解です!!」

一方「どォでもいいけど、ドア開いてるンだからさっさと帰れ」

佐天「あはは、すみません それじゃあまたー」

バタンッ


番外「あー面白かった☆」
スポンサーサイト

No title

スレに転載してあったよ

Secret

プロフィール

水菜

Author:水菜
SSばっか書いてる変態野郎。
主に禁書とか、姉妹オリジナルとか書いてる
VIP全鯖規制でオナニー出来る場所が無いので
ここでオナニーをする事にした
元まとめは黒歴史

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。